Sunagawa Railway

改造プラレールや保存車・廃車体をメインに取り扱っています。

保線機械

RGH10型レール削正車(東鉄工業1018)

今回は地元駅で年に数回しか見かけないレール削正車からです。東鉄工業所有のレール削正車で、東日本管内を広範囲に動いているようです。メーカーは「Harsco Track Technologies(通称:HTT)」でアメリカのHarscoグループだそうです。日本の鉄路では普段、ア…

TMC400A型軌道モータカー(交通建設0105)

今回はJR化直後1990年頃から製造が開始されたTMC400Aを紹介していきます。TMC300系の更なる発展型でキャブの出入り口が機体後部にあることが特徴です。この形は2019年に新造されたTMC400Bにも引き継がれています。 今回紹介する交通建設所属の機体は2両ペア…

TMC200C型軌道モータカー(日本機械保線)

今回は保線機械の定番とも言える、軌道モータカーTMC200Cを紹介していきます。TMC200Cは「富士重工業」のTMC200シリーズの3番目の型式で1971年ごろから製造が始まり、20年近く製造が続けられました。製造番号は236番以降が該当します。特徴としては先代のTMC…