Sunagawa Railway

改造プラレールや保存車・廃車体をメインに取り扱っています。

秩父セメントタキ1900形

f:id:sunagawarailway:20210512005711j:plain

f:id:sunagawarailway:20210512005800j:plain

秩父セメントタキ1900形3両編成
タキ1900形は、粉体セメント専用車として初めて40t積みを実現したタンク車です。何度も設計に改良を加えつつ1964年~1981年の長期にわたって製造されました。今回製作したのは1976年以降に製造された標準車のグループで、秩父セメントに所属していた車両となっています。番号は武州原谷駅常備の車でネットに写真が落ちていたタキ112636、タキ112642、タキ112651の3両をモデルとしています。
最初に製作したのは2014年で、ワキ800形やタキ29300形と共にお手軽にできる黒貨車として製作しました。落成から6年、シールの劣化も酷かったので塗装を塗りなおしました。同時に安中貨物用に塗り替えていたタンク車も黒に変更し、タキ1900形に編入することとしました。

f:id:sunagawarailway:20210512005850j:plain

タキ112636側面

f:id:sunagawarailway:20210512010048j:plain

タキ112642側面

f:id:sunagawarailway:20210512010122j:plain

タキ112651側面

種車は昔からあるトーマスや金太郎などについていたタンク車です。実車の形を見ると昨今の新規金型のタキ43000形とはスタイルが違うため、この種車を採用しました。

f:id:sunagawarailway:20210512010215j:plain

「チチブセメント」の文字が目を引く側面の姿です。社紋はネットの写真を参考にトレースして製作してみました。増備するときは太平洋セメント仕様とかも欲しくなってきます。
 
種車:ミルクタンク車
塗装:B-513 Mr.スーパークリアー光沢
   B-519 Mr.サーフェーサー1000スプレー
   S-2 Mr.カラースプレーブラック(黒)
車歴:2014年7月23日 タキ112636落成
   2020年4月15日 タキ112636検査入場
   2020年4月19日 タキ112636検査出場、タキ112642、タキ112651落成