Sunagawa Railway

砂川鉄道広報課の移転先です。

上砂川支線を走った車両たち

f:id:sunagawarailway:20200517112418j:plain

上砂川駅舎とキハ22形700番台

今回は上砂川支線と歌志内線等砂川周辺地区を走った記録のある車両たちを取り上げていきます。

f:id:sunagawarailway:20200516193850j:plain

上砂川駅で入換作業を行う9600形(イメージ)

まずは蒸気機関車からです。戦前は資料が乏しいため分からないですが、戦後は鉄道趣味の先輩方が撮影した写真や郷土資料等に記録が残っています。主に貨物は9600形(入換)とD51形が担っていたようです。具体的な番号としては19667(砂川駅)、79602(砂川駅)、D51 7(歌志内線)、68、95、96、297、483、561、603、611(歌志内線)、1086、1127というような顔ぶれで基本的には滝川機関区所属のカマが充てられていました。オレンジカードによると上砂川支線のSL全廃は1975年11月4日だそうです。

f:id:sunagawarailway:20200516225355j:plain

碓氷峠鉄道文化むらに展示されているD51 96号

f:id:sunagawarailway:20200516225515j:plain

滝川市郷土館に展示されているD51 297号

この中には追分で最期を遂げたカマもいます。ちなみにD51形の中で68号機が小岩井農場、95号機が新得、96号機が碓氷峠、297号機が滝川、483号機が穂高、561号機が川場村にて保存されています。

f:id:sunagawarailway:20200516225646j:plain

19世紀ホールに展示されているD51 603号

79602号機とD51 603、1086号機は1976年4月13日の追分機関区火災にて不幸にも焼失してしまいました。その後、D51 1086号機は動輪が道内にて残されており、603号機は共栄興業の手によって救出され、カットモデルとなり19世紀ホールで現在も姿を見ることが出来ます。

 

f:id:sunagawarailway:20200516204624j:plain

上砂川支線で活躍するDD51形(イメージ)

次にディーゼル機関車です。蒸気機関車の全廃後は上砂川支線・歌志内線共にDD51形やDE10形が貨物輸送を担っていたようです。

f:id:sunagawarailway:20200516225739j:plain

かつて上砂川支線で走っていたDD51 1137号

DD51 1073号機が活躍していたのが確認できました。1073号機は分割民営化後もJR貨物で貨物列車を牽いていたようです。最後まで国鉄色だったようです。2013年に鷲別機関区で解体され役目を終えたようです。他にも以前どこかでDD51 1137号機が活躍していたのを見た気がします。分割民営化前は小樽築港機関区に所属していたはずですが、民営化直前に岩見沢第二機関区に転属、民営化後はJR北海道に引き継がれて北斗星カラーになりました。廃車後はタイに譲渡されて現在も活躍中の様です。一方、DE10形は1741号機が歌志内線で走っている写真を見たことがあります。1741号機は滝川→岩見沢第二機関区と渡り歩き、JR北海道に引き継がれて最後は旭川で役目を終えたようです。その後は苗穂工場の入換機としてキハ183系の様な塗装を身に纏い2010年になる前にはDE15形に後を譲ったそうです。

 

電車は走っていなかったので次は気動車です。気動車は変遷が激しいですが、キハ21形、キハ22形、キハ54形、キハ56系、キハ40形等が走っていたようです。歌志内線の方にはキハ45形(後のキハ09形)が入線していた記録もあります。

まずはキハ21形からです。上砂川支線の気動車の歴史は1959年5月1日から始まったようです。「思い出の上砂川支線」というオレンジカードにはバス窓のキハ21形と思われる車両が写っています。ステップには58と書かれており、キハ21 58かと思います。この車は後に100番台化改造(ロングシート化)が行われてキハ21 102となり、1980年まで活躍しました。キハ21 51が歌志内線西歌駅で撮影された写真があります。1979年にはキハ40形とつながっている写真があったので、全廃時期まで一部の車両は上砂川支線に入線していたようです。

f:id:sunagawarailway:20200516225932j:plain

上砂川支線で活躍していたキハ22形(イメージ)

次にキハ22形です。キハ22形は2度にわたって上砂川支線の主力車両になっています。国鉄時代には永らくキハ22形が使用されていたようです。把握できている限りでは39番(歌志内線)があります。この車は苗穂配置で最期は釧路で過ごしていたそうです。上砂川支線のキハ22形はキハ40形に置き換えられました。

f:id:sunagawarailway:20200516212100j:plain

上砂川支線のキハ22形700番台(イメージ)

その後、上砂川支線のワンマン化が行われました。その時に導入されたのがキハ22形700番台です。701、702の2台が苫小牧に配置されたうえで上砂川支線での運用に就いていたそうです。ということは室蘭本線からの普通列車に繋がれて配置区に戻ることもあったのかなと思います。最終的に700番台は、同様にワンマン化された旭川のキハ40形700番台に置き換えられて終焉を迎えました。番外編としてキハ22 93+603の2両が団臨として国鉄末期の1986年8月16日に走ったという記録があります。列車名は「そらち号」で札幌→歌志内→上砂川→札幌という行程だったそうです。この2両のキハ22、カーペットに改造されているとのことで詳細が気になっているところです。

f:id:sunagawarailway:20200516230133j:plain

歌志内線で活躍していたキハ45 2(イメージ)

キハ40形に入る前に、余談として歌志内線で活躍したキハ45形についても述べておきましょう。キハ45形は言わずと知れた60系客車を気動車化したグループです。苗穂配置のキハ45形を始めとした気動車たちが歌志内線で活躍していたようです。キハ45形(後のキハ09形)は片運転台で他の気動車と連結して運用していました。以前書籍で2番が歌志内駅にいたことを確認しています。

f:id:sunagawarailway:20200516230302j:plain

上砂川支線で活躍していたキハ40形100番台(イメージ)

今度こそキハ40形です。キハ40形は3回にわたって主力車両になりました。初めはキハ22形を置き換えるためです。首都圏食のキハ40形が上砂川支線や歌志内線を走っている写真はよく見かけますよね。番号は多すぎて把握できていないですが、113、135、178、185、このキハ40形の運用はキハ54形に置き換えられます。その後、一時的に100番台が再び主力になったと書かれていますが、詳細は不明です。

f:id:sunagawarailway:20200516230408j:plain

かつて上砂川支線を走っていたキハ40 733

先述した通りキハ22形700番台の置き換えとして、旭川所属のキハ40形700番台が上砂川支線を走り始めます。最終的にはこの形式が上砂川支線の廃線まで走り続けることになります。具体的な番号として710(最終日)、716、718(最終日)、733、734、747等です。710、716は350番台に改造されて355、351となり日高線室蘭本線で活躍しています。734は現在函館にいるようです。716、733、747は今も旭川に所属しています。716、747は延命改造で+1000され1716、1747となりました。

f:id:sunagawarailway:20200516221348j:plain

上砂川支線の運用に就いていたキハ54形(イメージ)

次にキハ54形です。国鉄末期から100番台への置き換えまではキハ54形が運用に入っていました。歌志内線も末期はキハ54形でしたね。把握している番号は506と524です。そちらも苗穂所属で後に506は旭川、524は釧路に転出したようです。

f:id:sunagawarailway:20200516230646j:plain

上砂川支線で活躍していたキハ56系(イメージ)

ラッシュ時はキハ56系が2両で運用に入っていたようです。これもいくつか写真が残っています。

最終日には200番台中心で8両編成を組み、「さよなら上砂川支線号」として札幌駅から臨時列車として入線をしました。キハ27 216やキハ56 207が先頭に入っていました。

f:id:sunagawarailway:20200516171416j:plain

上砂川支線に入線したフラノエクスプレス(イメージ)

気動車としては最後に「フラノエクスプレス」を挙げる必要があります。キハ80系改造のジョイフルトレイン国鉄時代に登場しました。

f:id:sunagawarailway:20200516215304j:plain

上砂川支線に入線したビッグスニーカートレイン(イメージ)

何度か入線しているようですが、1987年の「ビッグスニーカートレイン」の時にも入線しているのが意外です。この編成は最終日にも「フラノエクスプレス」として入線しており、上砂川支線とはなかなか縁の深い編成です。

f:id:sunagawarailway:20200516230749j:plain

かつて上砂川支線を走っていたフラノエクスプレス

「フラノエクスプレス」は引退後も永らく苗穂工場で保管されていたので私も目にする機会が有りました。

 

最後に貨車を紹介しましょう。

主に石炭車と無蓋車が入線しています。

f:id:sunagawarailway:20200516231020j:plain

上砂川支線で活躍していたセキ6000形(イメージ)

セキ3000形はセキ3518、セキ3656、セキ4935等を見かけます。セキ6000形はセキ6077、セキ7029が確認できました。セキ8000形は入線していたか怪しいですね。

f:id:sunagawarailway:20200516231210j:plain

上砂川支線で活躍していたトラ70000形(イメージ)

無蓋車はトラ45000形、トラ70000形の写真をよくみます。坑木輸送等に使っていたようです。

f:id:sunagawarailway:20200516231248j:plain

上砂川支線で活躍していた?ホキ800形(イメージ)

上砂川支線に入線したかは不明ですがホキ800形ホキ914が砂川駅に留置されている姿が写真に残っています。

f:id:sunagawarailway:20200516231338j:plain

上砂川支線で活躍していたワフ29500形(イメージ)

f:id:sunagawarailway:20200516231409j:plain

上砂川支線で活躍していたヨ3500形(イメージ)

緩急車は有蓋緩急車も車掌車も見かけます。ワフ22000形、ワフ29500形やヨ3500形が入線しています。ヨ3500形は写真が良く残っており、ヨ4422、ヨ4651、ヨ4676の写真を見かけました。ヨ4647は日高地方、ヨ4651は二段リンクに改造されてヨ14651になり栗原市に保存されており、いつか見に行ってみたいものです。特にヨ4647はかなり写真が残っているので上砂川にくることも多かったと思われます。

f:id:sunagawarailway:20200516231445j:plain

上砂川支線で活躍していたワム80000形(イメージ)

有蓋車はワム80000形が歌志内線に入っていたようですので、上砂川にも来ていたとは思うのですが、裏付けは取れていません。

 

以上が現時点で調査できている上砂川支線を走っていた車両たちです。この車両たちは最終的にプラレールで再現していきたいですね。他にも走っていた車両の情報がありましたら教えていただけるとありがたいです。