Sunagawa Railway

改造プラレールや保存車・廃車体をメインに取り扱っています。

2021年11月のトップページ

f:id:sunagawarailway:20211026003552j:plain

2021年11月のトップページ
プラレールや保存車/廃車体等をメインにしたブログを運営する「砂川」です。元々は「保存車とプラレール」「砂川鉄道の保存車とプラレール日誌」「砂川鉄道広報課」というブログを運営していました。
当ブログではプラレールを中心に保存車/廃車体等の鉄道趣味のメジャーではない部分に焦点を当てて取り扱っていきたいと思います。文章力が無く下手な文章となってしまうかもしれませんが読んで頂けると幸いです。
 

今月のトップページは、10月9、10日に行われた「第7回鉄道模型広場inルミエール」での1枚です。今回も自分のブースを貰い、テーマである「北海道連絡」の青森側を担わせてもらいました。写真は来場者側からは見えない位置にあった青森駅舎です。「あおもり駅」と大きな看板が印象的な青森駅の4代目駅舎を再現しました。現在は5代目の橋上駅舎が姿を現しているようですね。はまなすが走っている頃から何度も通った4代目青森駅舎がもう使えないのは残念ですが、プラレールという形で再現できたのが本当に良かったです。

 
重要なお知らせ
「改造プラレール」の目次ページ末尾に他のプラレーラー様へのお乗り換え口を整備しました。従来から数人分載せて頂いていましたが、今回は名誉会長様、やは様、ぺこり様、平塚様、津崎様、はまのべ様、たまてつ様、六郷様、たろこ様、onちゃん様の改造車両紹介ページを追加しています。お互いの車両の把握や技術向上、見てくれる方の利便性向上が図れればいいと思います。
 
初代ブログ「保存車とプラレール
二代目ブログ「砂川鉄道の保存車とプラレール
三代目ブログ「砂川鉄道広報課」
初代バスブログ「朝日カラーのバスブログ」
二代目バスブログ「赤白バスに魅せられて
在籍プラレール団体ブログ「JOIN-T
ブログ内目次
 
プラレールの改造はメーカーであるタカラトミー様は推奨していません。改造はあくまで自己責任でお願いします。改造されて怪我等をされても当blog及びメーカー様は一切の責任を負いません。
*肖像権が関わる画像や企業名などが写っている画像は予め加工しています。
*敷地内で撮影した画像は全て許可を得て撮影しています。

東鉄工業KSP-2002型

f:id:sunagawarailway:20211026151201j:plain

f:id:sunagawarailway:20211026151212j:plain

東鉄工業KSP-2002型

 

KSP-2002型はオーストリアのPlasser & Theurer で製造されたバラストレギュレータの一種です。KSPはスタビライザー搭載の連続作業型を表し、2002はボギー台車で道床散布装置付きを表します。今回製作したのは東鉄工業の個体です。
製作した理由は「第1回町田トレインコネクション」に合わせて作れそうな車両を、直前に慌てて考えた結果でした。もう何年も経っているんですね・・・・

f:id:sunagawarailway:20211026151223j:plain

f:id:sunagawarailway:20211026151234j:plain

KSP-2002型側面

 

塗り替えのみなので、側面も製品そのままです。東鉄工業の塗装は矢印のようになっており、その部分の塗装に苦戦しました。

f:id:sunagawarailway:20211026143256j:plain

f:id:sunagawarailway:20211026143312j:plain

東海旅客鉄道08-2X型との並び
同じく「レールをまもろう!保線車両オールスターズ」のマルチプルタイタンパーを改造した08-2X型との並びです。このセット、造形が細かくて保守用車両を製品化した意味でも意義のあるセットです。

 

f:id:sunagawarailway:20211026151246j:plain

KSP-2002型前面

 

前面の機械部分のみ製品の塗装を残し、車体全体はパールグリーンで塗装しています。

f:id:sunagawarailway:20211116003150j:plain

KSP2002型屋根上
製品そのままですが、なかなか再現の難しい屋根上のモールドが作られています。

f:id:sunagawarailway:20211026151305j:plain

f:id:sunagawarailway:20211026151256j:plain

ロゴや「Plasser & Theurer」のシールを作り、東鉄工業の保守用車両であることを主張しています。
 
種車バラストレギュレータ

塗装:B-513 Mr.スーパークリアー光沢

   B-519 Mr.サーフェイサー1000スプレー

   S-108 Mr.カラースプレーキャラクターレッド

   GM10 ガンダムマーカーガンダムブラック

   TS-60 タミヤカラースプレーパールグリーン

車歴:2017年3月30日 落成
   2017年3月31日 第1回まちだトレインコネクション展示

札幌市交通局A830形

f:id:sunagawarailway:20211026164757j:plain

f:id:sunagawarailway:20211026160503j:plain

札幌市交通局A830形A831+A832
札幌市交通局A830形は、1964年に登場したA820形を改良型として1965年に製造された連接車です。A820形同様、曲面を多用した美しいスタイルで鉄道友の会ローレル賞を受賞しています。A820形との相違点として片側4扉から3扉に変更されたこと、両開き扉から片開き扉2枚に変更されたことです。一部の編成は1976年にに廃車となり、名鉄に譲渡されています。譲渡後は美濃町線で活躍し、2005年の廃止まで生き残った車両もいました。今回作ったA831-A832 号は1977年に休車となり、1984年12月に廃車されています。現在は旧美濃駅にて、名鉄に譲渡されたA841号のカットモデルが保存されています。
今回A830形を製作したのは、空転さんから頂いたボディを数年間寝かせていたこと、カッティングマシンの使用で製作にあたっての技術的な問題が解決したからです。空転さんから頂いたボディが複製品で年数が経つにつれて収縮が進んでいました。窓が大きい車体なのもあってそのまま使用するには車体が歪みすぎており、解決する必要がありました。そこでカッティングマシンで車体を切り出し、側面をプラバンで置換することにしました。このような経緯もあり、車体を貰ってから2年程経って完成にこぎつけることが出来ました。

f:id:sunagawarailway:20211026160514j:plain

f:id:sunagawarailway:20211026160524j:plain

A831側面

A831号は集電装置を載せた車体です。動力が金太郎などに使われる短くて背の高いものを使用しているため、かなり背の高い車両となっています。

f:id:sunagawarailway:20211026160534j:plain

f:id:sunagawarailway:20211026160543j:plain

A832側面

 

A832号は集電装置が無い仕様となっており、プラレールでは後尾車の動力無しの付随車です。

f:id:sunagawarailway:20211026160554j:plain

A830形運転台側
運転台側です。写真右側の車体が先頭車ですが、前面が歪んでいます。方向幕は行き先に悩んだ末に現時点では入れていません。実際は方向幕辺りにもモールドがあるので、リメイク時にその辺りは直したいなとも思います。

f:id:sunagawarailway:20211026160604j:plain

A832前面
前面で一番苦労したのはシルバーの飾り帯のマスキングです。綺麗に発色するように下地にはブラックを用いて、その上にシルバーを吹いています。ライトの位置にも苦戦しました。

f:id:sunagawarailway:20211026160613j:plain

A830形屋根上

 

集電装置となるZパンタは空転さんがつけてくれたパーツをそのまま使用しています。このパンタグラフは上げ下げすることも可能です。屋根上装置は高さの関係でつけるのを断念しました。これも今後の課題ですね。

f:id:sunagawarailway:20211026160624j:plain

A830形は乗車口などを大きな文字で書いているのも特徴で、シールで再現しています。しかし、曲面に貼っているせいか剥がれやすいのが難点です。

f:id:sunagawarailway:20211026160452j:plain

札幌市電の並び

まつさんが製作したA1200形やM101号等も含んだ札幌市電の並びです。なかなか札幌市電がそろう機会も無いのですが、現在は我が家で預かっているため並べることが出来ました。また、札幌で運転会をやる機会が有りましたら札幌市電を増やしたいですね。

 
種車:A830形(複製品)

塗装:B-513 Mr.スーパークリアー光沢

   B-519 Mr.サーフェイサー1000スプレー

   S-2 Mr.カラースプレーブラック(黒)

   GM05 ガンダムマーカーガンダムシルバー

   GM10 ガンダムマーカーガンダムブラック

   GM12 ガンダムマーカーガンダムグレー

   TS-17 タミヤカラースプレーアルミシルバー

   SP-19 鉄道スプレー西武トニーベージュ

   SP-30 鉄道スプレー東急ライトグリーン

車歴:2020年9月19日 落成

2021年12月のトップページ

 

f:id:sunagawarailway:20211130232222j:plain

2021年12月のトップページ

 

プラレールや保存車/廃車体等をメインにしたブログを運営する「砂川」です。元々は「保存車とプラレール」「砂川鉄道の保存車とプラレール日誌」「砂川鉄道広報課」というブログを運営していました。
当ブログではプラレールを中心に保存車/廃車体等の鉄道趣味のメジャーではない部分に焦点を当てて取り扱っていきたいと思います。文章力が無く下手な文章となってしまうかもしれませんが読んで頂けると幸いです。
 

今月のトップページは、函館駅で撮影した道南いさりび鉄道国鉄急行色からです。前面はキハ40形なのでキハ66形みたいな印象ですが、側面は完全にキハ56形の雰囲気が出ていました。もし、青函連絡船の時代に生きていたら函館駅でキハ56形の急行列車に乗り換えていたかもしれませんね。

11月は根室から那覇まで日本を大きく跨ぐようにまわりました。研究の方も忙しさを増し、それ以外の案件も多く充実していた1か月だった気がします。12月もいろいろなものが大詰めを迎えるので、変わらず忙しそうですね。ブログの更新は続けていきたいところです。

 
重要なお知らせ
「改造プラレール」の目次ページ末尾に他のプラレーラー様へのお乗り換え口を整備しました。従来から数人分載せて頂いていましたが、今回は名誉会長様、やは様、ぺこり様、平塚様、津崎様、はまのべ様、たまてつ様、六郷様、たろこ様、onちゃん様の改造車両紹介ページを追加しています。お互いの車両の把握や技術向上、見てくれる方の利便性向上が図れればいいと思います。
 
初代ブログ「保存車とプラレール
二代目ブログ「砂川鉄道の保存車とプラレール
三代目ブログ「砂川鉄道広報課」
初代バスブログ「朝日カラーのバスブログ」
二代目バスブログ「赤白バスに魅せられて
在籍プラレール団体ブログ「JOIN-T
ブログ内目次
 
プラレールの改造はメーカーであるタカラトミー様は推奨していません。改造はあくまで自己責任でお願いします。改造されて怪我等をされても当blog及びメーカー様は一切の責任を負いません。
*肖像権が関わる画像や企業名などが写っている画像は予め加工しています。
*敷地内で撮影した画像は全て許可を得て撮影しています。

ワム64465

f:id:sunagawarailway:20211026005656j:plain

2011年12月11日撮影

f:id:sunagawarailway:20211026005928j:plain

2015年1月24日撮影

形式:日本国有鉄道ワム60000形

番号:ワム64465

所在地:埼玉県北本市朝日1丁目 私有地

製造メーカー:調査中

製造年月日:調査中

廃車年月日:調査中

解体時期:2012年12月~2013年6月

荷重:15t

自重:9.1t

全般検査標:60-6/59-6 大宮工

初回はかつて北本市で倉庫として利用されていたワム60000形の配給車代用車です。1枚目と2枚目の写真からわかる通り、同じ場所での撮影となっています。私が中学時代に駅伝の試走をしに行ったときに見つけた車両です。数年間訪問しないうちに消えてしまいました。2012年12月に駅伝に行ったときには現存を確認しましたが、2013年6月のGoogleEarthを見たところ消滅している様子が見えたため、この半年間に消滅したものと思われます。廃車時期は正確にはわからないですが、標記類を確認する限り、1985年以前には廃車されたとみてよさそうです。製造銘板は見える範囲にはありませんでしたので、製造時期や製造メーカーは不明です。書籍やネットで情報収集を行っていけたらと思います。

f:id:sunagawarailway:20211026010515j:plain

車番標記

番号についてですが、番号の部分が腐食して判別不能でした。そのため、自力で判別しようとしてみたところワム64465と解読できました。実物がもう存在しないため、確認することができないのが非常に残念です。ワム60000形はワム60000~ワム68579の8580両製造されました。要するにワム64465は4466番目に製造された車両となります。

f:id:sunagawarailway:20211026010920j:plain

車体標記

先述した通り、この車両は大宮工場の配給車代用の貨車でした。側面に白帯が配され、消えかかってはいますが、「大宮工場」「配給車代用」の文字が大きく書かれています。常備駅は恐らく「大宮操駅」だと思われます。何気ない貨車倉庫ですが、実は面白い経歴を持っているというのが、とても興味深いです。貨車倉庫にも歴史あり、無くなってしまったことが非常に残念だなと思います。

sunagawarailway.hatenablog.com

東日本旅客鉄道キハ40形2000番台

f:id:sunagawarailway:20211113221930j:plain

f:id:sunagawarailway:20211113221749j:plain

東日本旅客鉄道キハ40形2000番台キハ40 2018

 キハ40形は国鉄が1977年から製造を開始したキハ40系に属する両運転台気動で、前面はキハ66系に準じた高運転台拡幅車体でした。エンジンこそ非力ではあったものの、大量生産で既存の気動車たちを置き換えていったローカル線の近代化を進めた気動車でした。今回製作した2000番台は関東以西の暖地向けの車両で、1979年から製造が始まりました。窓は外バメ式のユニット窓でデッキも装備されていません。1982年まで製造がおこなわれ、2000番台の総数は148両となりました。中でもキハ40 2018は当初宇都宮に配置され、水戸、小牛田と転属を行い、1999年には秋田にやってきたようです。秋田に来てからは五能線で活躍し、首都圏色に塗り戻されて特徴的な車両となっていましたが、2021年3月の五能線でのキハ40系の運用終了に伴い離脱してしまいました。しかし、幸運なことにキハ40 2018は小湊鐵道への譲渡が決まり、現在は五井機関区に居るようです。

今回キハ40 2018を製作したのは、やはさんに弘前のキハ40を作ろうと提案されたからです。種車には春先に複製した雅さんのキハ40形を用い、新メカ化した形で製作することにしました。やはさんが五能線色を選んだので男鹿線色や旧五能線色とも悩みましたが、以前五所川原駅で撮影した首都圏色3連が頭に浮かんだため、乗車したキハ40 2018を製作することとしました。

f:id:sunagawarailway:20211113221801j:plain

f:id:sunagawarailway:20211113221811j:plain

キハ40 2018側面

 

側面は雅さんが原型を作るときにサウンドD51の12系客車からユニット窓を移植してくれたため、暖地向けの特徴が再現されています。また、付随車として使う可能性も考慮して動力車用の固定ツメも残しています。

f:id:sunagawarailway:20211113221825j:plain

東北地域本社色との並び

今回の改造で最も意識したのがスカートの設置ですが、製品のキハ40形と比べると大幅に引き締まった感じがします。また、スカートを取り付けた理由として、後ろ側の新メカのツメを固定するという実用的な理由もあります。

f:id:sunagawarailway:20211113221839j:plain

キハ40 2018前面

 

スカートを付けたことにより、全体的に面長な印象に変えることが出来ました。また、乗務員扉の隣にはタブレット保護板を追加で装備させました。

f:id:sunagawarailway:20211113221849j:plain

f:id:sunagawarailway:20211113221900j:plain

キハ40 2018屋根上

五能線のキハ40形には、屋根上に特徴的な衛星電話アンテナやその保護板があります。ここは先駆者である夜ノ森くんの方法を参考に、プラ板をやプラ棒を用いて製作してみました。衛星電話アンテナはもう少し再現する方法があったかもしれません。また、屋根の塗分けラインも機器配置の関係か特徴的となっています。

f:id:sunagawarailway:20211113221910j:plain

トイレ窓やタブレット保護板などが集まる部分です。こうしてプラレールで製作してみるまで、タブレット保護板の存在には気づきませんでした笑

f:id:sunagawarailway:20211113221920j:plain

日本国有鉄道キハ48形との並び

以前製作したキハ48形300番台との並びです。キハ48形は鉄道カラースプレーの朱色5号で塗りましたが、かなり暗い印象の仕上がりとなってしまったため、今回はタミヤカラースプレーのオレンジを使用して明るめに仕上げています。

 
種車:キハ40形(複製品)

塗装:B-513 Mr.スーパークリアー光沢

   B-519 Mr.サーフェイサー1000スプレー

   S-13 Mr.カラースプレーニュートラルグレー

   GM10 ガンダムマーカーガンダムブラック

   GM12 ガンダムマーカーガンダムグレー

   XGM02 ガンダムマーカーEXシャインシルバー

   TS-12 タミヤカラースプレーオレンジ

   染めQ ミッチャクロンマルチ

車歴:2021年10月18日 落成

秩父鉄道デキ500形(黄色)

f:id:sunagawarailway:20211116221515j:plain

f:id:sunagawarailway:20211116003908j:plain

秩父鉄道デキ500形デキ502

秩父鉄道デキ500形は、1973年にデキ300形の増備機として501、502が製造されました。6年後には三ヶ尻線開業に合わせて503、504を増備、その後も増備を続け、太平洋セメント所有の507を含めて7両製造されました。1973年の501、502とそれ以降の504~507では大きく外見が異なり、今回はデキ300形の増備機として製造されたデキ502を製作しました。このグループの特徴は、全体的な雰囲気がデキ300形と共通していることです。最も見分けやすい点はライト周りですね、大きさが全然違います。

<デキ502を製作したのは2020年10月に熊谷貨物ターミナルで行われた「秩父鉄道電気機関車撮影会」の為でした。その後、2021年7月の「電気機関車5重連牽引で行く12系客車乗車&撮影会ツアー」のために代替新造し、まだ気に食わなかったため「第7回鉄道模型広場㏌ルミエール」に向けてリメイクしなおしました。何度も直したためかなり納得のいく出来になったと思います。

f:id:sunagawarailway:20211116003918j:plain

デキ502側面
以前作ったデキ504と同じパーツを利用しています。例によって窓の縦桟を切ってしまいました。

f:id:sunagawarailway:20211116003930j:plain

デキ500形(ピンク色)との並び
デキ504との並びです。こうやって並べてみると、デキ500形の前期形2両とそれ以降の車両が大きく違うという事がわかります。

f:id:sunagawarailway:20211116003944j:plain

デキ502前面

デキ502のデッキ周りです。代替新造直後は時間が無くてデッキを黄色のままにしていましたが、やはり手すりを白く塗るといい感じに仕上がりますね。

f:id:sunagawarailway:20211116003956j:plain

デキ502屋根上

 

屋根上です。ここもデキ504から大きく変えてはいませんが、ライト周りが丸みを帯びているのが大きな違いでしょうか。

f:id:sunagawarailway:20211116004008j:plain

側面の社紋と車番があるあたりです。シールの色が想像以上に車体色と合ってくれたのが個人的に嬉しい点です。
 
種車DD51形(台車)

塗装:B-513 Mr.スーパークリアー光沢

   B-515 Mr.サーフェイサー1200スプレー

   B-518 Mr.ベースホワイト1000スプレー

   S-1 Mr.カラースプレーホワイト(白)

   S-2 Mr.カラースプレーブラック(黒)

   S-13 Mr.カラースプレーニュートラルグレー

   GM12 ガンダムマーカーガンダムグレー

   XGM02 ガンダムマーカーEXシャインシルバー

   TS-16 タミヤカラースプレーイエロー(出場時)

   TS-47 タミヤカラースプレークロームイエロー(第1・2次落成時)

車歴:2020年10月4日 第1次落成
   2021年1月22日 廃車
   2021年1月22日 三岐鉄道ED5080形ED5082に再改造
   2021年7月7日 第2次落成
   2021年9月20日 入場
   2021年10月7日 出場